カメラ初心者が最初に揃えたいアイテム



これから春に向けて新生活を始める方も多いと思います。

例えば卒業式や入学式、または新しい職場や新たな環境で色々な出会いと別れがありますよね

そういった際に記念写真を撮ったりすると今後良い思い出になって残せます。

スマホで撮るのも気軽で良いのですが、折角であれば末永く残せる

きちんとしたカメラで撮影するのはいかがですか?

大事な写真だったりするときちんとしたデータで残しプリントアウトして

後にアルバムで見返したり、記念に誰かにプレゼントする事も出来ます(・∀・)



今回はこの機会にこれからカメラを始めよう、または始めたばかりで何を揃えたらよいかわからない

そんな方のために必要とされる機材を私なりに紹介したいと思います。



f0361118_19040638.png




まずは一番大事な機材はカメラになります。

これがないと始まらないですね

カメラメーカーを何にするかで今後のカメラ人生が決まると言って良いぐらい

とても重要なマウント選びです。

人によっては途中でマウント替えしたり買い増す人もいるので

一概には言えないと思いますが、最初が肝心です!

選ぶ際は店頭にて触ったりして自分の手に馴染むカメラか

スペックや価格によって選択肢も変わると思います。

ここ数年はミラーレス一眼の販売数が伸びているので

軽量で普段から持ち歩きやすいミラーレス一眼を選ばれる方も多いと思います。

個人的には私がニコンを使用しているので

ニコンの一眼レフ推しでいきたいところですが、ここは好みになりますね。

それぞれ良い部分と残念な部分がありますので、楽しみながら検討されるのが良いと思います。


今回は初心者向けのエントリーモデルですので初めての方でも使い易く出来ています。


エントリーモデル


簡単な撮影モードを備え、それぞれの撮影シーンに合わせた設定を
カメラが自動にしてくれるので簡単に写真を撮ることが出来ます。
f0361118_09382419.png


しかも小型軽量に作られていますので、何処にでも気軽に持ち運べ
女性の方でも扱い易いのではないでしょうか
f0361118_09411274.png



ファインダーを覗かなくてもスマホと同じように
ライブビューで撮影が出来ます。
しかもスマホより綺麗に撮影をすることが出来ますよ。
f0361118_10281677.png
私なりに3メーカーで使いやすいのを選んでみました。

それぞれダブルレンズキットですので、標準域から望遠レンズまで備え

幅広い焦点距離をカバーしてくれると思うので長く使えるカメラセットだと思います


カメラボディ


動画参考 カメラのキタムラ

動画だと細かいスペックが分かりやすく説明されています。




動画参考 ニコン

動画だと細かいスペックが分かりやすいと思います。


ミラーレス一眼だと交換レンズも価格設定が低いので、
いずれレンズを増やしたくなってもお手頃で購入しやすいです。
ほとんどの人が写真の面白さがわかると違うレンズを欲しくはなります。

動画参考 オリンパス

動画だとイメージが湧くかと思います。



いざカメラを購入してしばらく使用していると

気になってくるのがレンズの汚れだと思います。

そんな際にあったら非常に便利なアイテムを紹介します。



レンズペンといって、レンズのガラス部分を

円を描くように拭くだけでとても綺麗になります。


動画参考 HAKUBA

動画だと分かり易いです


簡単に綺麗になりますので、出先で汚れてもすぐレンズを拭くことが出来ます(^^)

各社から出ていて色々使用しましたが、特にこのHAKUBA製がおすすめですね


レンズペン







レンズペンでとれない汚れはウェットタイプのレンズ拭き

を使用すると頑固な汚れも一発でとれると思います。

しかも一枚一枚、個包装になっているので長く保管しても乾燥の心配もないです(^^)


レンズ拭き







普段のホコリ取りにはシュポシュポと風を送るブロアーが必要です。

カメラボディのホコリ取りやレンズ交換時には周辺のホコリを飛ばしたりと

使い用途は幅広いものです。小型タイプもありますが、

風力が弱いので通常サイズを1つ持っていると非常に便利だと思います。


ブロアー







せっかく購入したカメラ資産も大切に保管しないと

レンズにカビが生えることがあります!

そうなる前にドライボックスに入れて保管するのが大事です。

カビ以外にもホコリやチリから守れますし、不意な傷も防げると思いますよ

ドライボックスに入れる乾燥剤も最初に購入すると

買い忘れや入れ忘れが防げると思います。

ドライボックスに乾燥剤を入れないとカビを防ぐことも出来ないですからね。


ドライボックス



乾燥剤










撮った写真を保存するのに必要なSDカード

さまざな種類があり選ぶのに悩みますが

32GBの容量があればそこそこ撮れますし、Class10であればファイル移動も素早く出来ると思います。

大容量を1枚購入するより少ない容量でも複数枚を購入する方が破損時も安心だと思います。

せっかく撮った貴重な写真がSD破損によりデータ消失なんて避けたいですからね。

私は下に載せたトランセンドを2年使用しておりますが

今尚、現役で使用しています。

『安かろう悪かろう』ではないような気がします。


SDカード





サンディスクに関しては4年使用していますが

同じく現役で使用出来ます。

サンディスクは有名で高価なイメージがありますが、

32GBならまだ手の届く範囲ですよね(・∀・)





三脚もSSが遅くなる早朝や日が暮れる夕方、そして夏の花火

または星を撮りたい時等に必要な時が必ず出てくると思います。

頻繁に買い換える機会が多い物ではないので

最初にしっかりと安定するのを購入したら良いと思います。

私もマンフロットの三脚使用していますが安定感があり

外観も格好良く気に入っています(*´ω`*)

重いけど強風時にも安定感のあるアルミ製か

持ち運ぶのに軽量なカーボン製があり共にオススメです。

三脚



動画参考 Manfrotto

動画だと三脚の格好良いデザインがより伝わると思います。



三脚と一緒に購入したいのがリモコンレリーズです。

三脚を使用して直接シャッターを押すと手振れしてしまいますので

手振れを防ぐのにとても大切なものです。

メーカー純正も勿論良いのですが、高額になるので

コスパの良いサードパーティはいかがでしょうか?

ロワジャパンのものは純正と比較すると安価で購入出来ます。

このレリーズの唯一残念なところは電源が入りっぱなしになるということです。

但し電池持ちがとても良いので電源切れなくても

そんなにシビアにしならなくても大丈夫だと思います。

私を含めて周囲にも実際に使っている人が多いレリーズです。



シャッターリモコンレリーズ










色々と機材が揃うと外で撮影したくなると思いますが

そういった際に必要となるのが、カメラを収納するバッグですよね

私が個人的な経験によると撮影ポイントが近いのであれば

ショルダーバッグでも良いですがトレッキングして現地まで歩くのであれば

やはりリュックタイプが良いと思います。

今回は気になるカメラリュックを紹介したいと思います。

Endurance(エンデュランス)から出ているカメラリュックです。

一番大事な収納は2気質構造になっておりフルサイズや大三元も入りますし

しかもバッテリーグリップ付きでも収納可能です!

将来的に機材をステップアップしても安心して長く使えますね

更には三脚も持ち運びが出来るのでかなり使えそうでね

デザインも都会的で街中にも違和感なく馴染むと思います(・∀・)

プロカメラマン監修というのも収納力からすると納得出来ます。

カメラバッグ







撮った写真のデータ保管や現像時に絶対必要となるパソコン

最初にそれなりのスペックを購入すると長く使用する事が出来ます。

紹介するAppleのパソコンiMacは

CPUがCore i5ですし、HDDも1TBが内蔵されていますので、

たくさんの写真を保存する事が出来ます。

Apple製品だと低価格のものでもスペックが高いですし

重たい現像ソフトを入れても安定して使用が出来ますよ(≧∇≦)

そしてiMacは画面も大きく綺麗に表示してくれるので

現像時に細かい部分まで鮮明に映す事が出来ます。

Windowsしか使用した事がない人でもApple製品は癖がなく

直感的に操作をする事が出来ます。

私もずっとWindows派でしたが、iMacの操作はすぐ覚えたので

誰でも使いやすいと思います。

パソコン






パソコンと共に写真の現像に必要なPhotoshopも

12ヶ月版を購入して、まずは試してみるのも良いかと思います。

Photoshopは奥が深いですが、一緒に使用できるLightroomであれば

初心者でも覚えやすいと思います。

私はもう手放せない現像ソフトでとてもお世話になっています。

※カメラメーカーの純正ソフトもありますが、違うメーカーのカメラに買い換えた場合

過去のデーターが使用出来なくなったりと不都合が出てくると思いますので

出来ればLightroomをお勧めしたいですね。

現像ソフト

動画参考 Lynda.com

動画を見ると操作画面も分かるかと思います。


現像ソフトも用意したけど、操作をしようとしたら

さっぱりわからない方(・_・; の為に参考書のようにもなるガイドブックもあります。

これを読めば基本操作が大体身につくので現像もサクサク出来るようになると思います。


現像ソフト解説本






パソコン購入したら実際にプリントしてみたくなると思います。

大きくプリントして額に入れて部屋に飾れば

愛着もありますし良い思い出も蘇りますよね( ^ω^ )

夏であればポストカードに印刷して、暑中見舞いや年末年始には年賀状も作れますよね。

今後、手応えのある写真が撮れればフォトコンだって夢じゃなくなります( ^∀^)

しかも複合機であれば自宅でコピーも出来るので、コンビニに足を運ばなくても済むようになりますよ。

自宅で出来る事もぐっと広がり写真もさらに楽しくなる事請け合いです。

プリンター




動画参考 CANON

動画でプリンターで出来る事が分かりやすく説明されています。


まとめ



前回から初心者向けに記事を二つほど載せました。

一眼レフカメラって難しいイメージがありますが

今後少しでも写真愛好家が増えると嬉しい限りです。

次回は以前に載せた『厳冬の冬に行きたい撮影スポット』の何処かに訪問したいと思っています。

天候が悪い日が続いているのが、とても気になりますが・・・(^^;

今後晴れるのを本当に祈りたいものです。

今回も最後まで見てくれた方ありがとうございました。

次回の記事まで、それではまた(^^)/""

ご訪問頂いた方はクリックお願い致します。
↓↓↓↓
にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


[PR]
Commented by minibears at 2017-02-15 21:31
森の声さん
こんばんわ。
私にとって今回のお話、とっても参考にさせて頂きました。
ふむふむ・・うんうん・・・とよく読みました(#^.^#)
気になっていたのはレンズの汚れ。。レンズペンってどうなのかなぁと思っていたところなので、さっそく使ってみようと思うようになりました。
ほんと、長く大事に使っていきたいと思えばいろいろ揃える必要があるものばかりですね。
たくさんの情報を見させていただけてよかったです。
ありがとうございます♪
Commented by morinokoe756 at 2017-02-17 09:45
marukoさんこんにちは
記事を読んでもらえて嬉しい限りです^^

機材もお金をかけたらきりがないですけど最低限必要な物ってありますよね。
レンズペンは本当に便利な物なので1本持っているだけで役立ちます(・∀・)
是非使ってみてくださいね。

ちなみに私もレンズペンとフィルター用のペンも持っていますよ。
今回の記事に載せてはいないのですが、レンズに保護フィルターを付けていますので
フィルターも実際のところよく汚れてしまいます。
marukoさんも、もし機会があればチェックしてみて下さいね。

今回も最後まで読んでくれて嬉しいです(*´∀`)
またのご訪問お待ちしています。

それでは、また(^^)/""





by morinokoe756 | 2017-02-14 21:27 | 初心者におすすめ | Comments(2)